副作用

ボトックス注射というのは美容に関心が高い人からすると非常に画期的な施術となります。
しかし、美容治療ということで医療行為を行います。医療行為を行うということは何らかのリスクがあります。ボトックス注射というのは、世界でも安全が確認されている美容青治療です。大きな事故もありませんし、安心して治療を受けることができます。アメリカのハリウッドスターのほとんどはボトックス注射を経験しているという情報もあります。ただ、副作用は必ず起こらないというわけではありません。
考えられる副作用としては、眼瞼下垂や顔面麻痺です。眼瞼下垂とはまぶたが垂れ下がってしまう症状で、顔面麻痺は顔面がしびれた状態になることです。非常に恐ろしく感じるかもしれませんが、全く筋肉を動かすことができなくなるわけではなく、いつもよりも少しまぶたが下がる、表情が作りにくくなるというものです。
また、この症状は一定期間を過ぎればなくなります。長くても2週間程度です。その後は日常生活を送ることが出来ます。

また、ボトックス注射というのは注射針を挿した跡がほとんど目立ちません。また、特に内出血やあざが残る心配もありませんので、誰にも知られることがありません。
ただ、過剰な量を注入した場合にはボツリヌス菌が完全に分解されるまで残ってしまいますので、副作用が現れてしまいます。通常の施術通りに行えば、副作用は殆どありません。

注射を行なった当日すぐに効果を感じることが出来ます。施術を行った後に施術の跡が残りませんので、すぐにメイクをして外出することが出来ます。

一度施術を行うと3年以上効果が持続します。効果は急になくなるのではなく、徐々に消えていきますので自然に戻ります。効果が切れてきたと感じれば、再び注射をすると筋肉が萎縮して美容効果を実感することが出来ます。
一度施術を受けるとボトックス注射の魅力にハマってしまいます。そのため、効果が薄れてくれば再び施術を行うというリピーターが多いです。何度も施術を繰り返すことで体内に悪影響を与えるということもありませんので、継続して美しい顔、スタイルを手に入れましょう。
人生楽しむためには美しさを保つことが大切です。一度で3年以上の効果がありますので、決して高い施術ではありません。高級なスキンケア用品を使い続けるよりも安全で安価な美容方法といえるでしょう。